06_創作活動で収入を得るためにやるべき3つのこと

創作活動で収入を得るためにやるべき3つのこと

こんにちは!アーティスト育成コーチの江村です。

マンガ家・イラストレーター・美術家・ハンドメイド作家になりたい!という方はとても多く、どうしたらなれるのかといった質問もよく頂きます。

私自身も昔、それが分からずに美大に行く選択肢を諦めました。

(それについてはこのサイトの「私の理念」のページや無料メールセミナーでもご紹介していますのでご覧ください)

 

では、創作活動で収入を得るためにはどうしたらいいのか?と言うと、

「サラリーマン思考から抜け出し、起業家の考え方を身につけること」

「作品作り」と「ファン作り」をすることです。

言葉は硬いですが、あなたは自分のお店の社長になり、企業で行っている「商品開発」と「マーケティング」をするということになります。

 

アーティストは決まった時間に仕事に行き、決められた仕事をするサラリーマンではないので、これを自分でする必要があるのです。

サラリーマン家庭で育った方には馴染みがないかもしれませんが、あなたが「お店を開く」のをイメージすると分かりやすいかと思います。

 

例えばスイーツのお店を開くのであれば、

・商品開発=スイーツ

・ファン作り=割引キャンペーンやチラシ、ネットでお客さんを集める

ということになります。

 

「作品作り」に関しては、みなさん必死になってやっていらっしゃる方が多いです。

それは好きなことであるし、寝食も忘れて熱中してしまう!という方もいらっしゃるでしょう。

そして気づけばたくさんの作品が出来上がっているかもしれません。

 しかし、どんなに良い作品を作っても、それを知ってもらう機会がなければ作品を買ってもらえる機会は増えませんし、自分の作ったどんな作品が相手の心を打つのかを知る機会もありません。

結果的に自己満足な作品ばかりが出来上がってしまい、商品も売れることがなくアーティストになるのを諦めてしまう・・・ということになってしまうのです。

そうならないためにも、マーケティング(=ファンづくり)を学ぶ必要があります。

 

マーケティングなしには、どんなに良いものであっても、普通の化粧品や生活雑貨すら売れることはありません。

だから、どんなに有名な企業であっても企画開発、マーケティングをする部署があるのです。

絵の技術を高め、良い作品を作ることはもちろん必要です。

それは大前提なのですが、ファンづくりをすることにも同じくらいの力を入れてください。

 

実は、世の中にはファンづくりから始めてから商品を作る、ということをしている企業も多くあります。

アーティストの皆さんに馴染みのあるものであれば、映画制作。

まずは予告をし、それから制作に取り掛かっていますよね。

予告の時点ではまだ作品は出来上がっていません。

でも、

「撮影開始しました!」

「クランクインです!」

と言った実況中継を小出しにしていくことで人の目を引き、ファンを増やし、すでにその監督や俳優のファンの人に対しては、その期待値を高めています。

 

今の時代はインターネットが発達し、SNSYou-Tubeなどを使って、お金をかけずに効果的に自分の作品を多くの人の目に触れさせることができます。

ぜひ、あなたもこのサイトでそれを学んで実践をしていってください。

あなたの理想が実現できることを心より応援しております!