11_起業は怖いことなのか?

起業は怖いことなのか?

 

こんにちは!アーティスト育成コーチの江村です。

 

「起業って、なんか難しそうだし、なんか怖いな・・・」

 

そう思われる方もいるかもしれません。

 

確かに組織に所属していた方が、会社のブランドに守られている安心感がありますし、

 

正直「最終的には誰かが責任を取ってくれる」という安心感もあるかもしれません。

 

「自分でお客さんを探してお金を払ってもらうのが怖い。。。」

 

そういう人もいます。

 

「友達をなくすんじゃないか?」

 

そう考える人もいます。

 

・・・でもその考えってものすごくおかしくないですか?

 

あなたの友達が八百屋なら、そこで普通に大根買いますよね。

 

要はお客さんが「必要だ!」とか「欲しい!」と思えば買うのです。

 

起業が怖いというのは、つまり「始め方やどうやって軌道に乗せるのかが分からない」という不安があるから怖いということだと思います。

 

それならその方法を知って不安を解消すれば、恐怖はなくなりますよね。

 

そのために私はこのサイトを公開しています。

 

ちなみに、最近はスーパーや通販が多くなり、

 

会話をせずに物を購入することができるようになってます。

 

しかし、そういう仕組みで出てくるのが「クレーマー」です。

 

なぜクレーマーが生まれるのか?

 

・・・それは販売する人と購入する人の間に全く面識がなく、

 

価値観も全く合わない赤の他人だからです。

 

売れてるアーティストのファンを思い出してみてください。

 

チャゲ&アスカのアスカも薬物で捕まりましたが

 

相変わらずファンはいます。

 

そしてそういうファンは「出てくるまで待ってます」と言います。

 

CDや本も、ちょっと発売日が遅れても「気にせず良い曲を作ってください」と言うでしょう。

 

アーティストとファンの間にちゃんと信頼関係ができているからです。

 

ちゃんと人間関係が出来ていれば、少しミスをしても人間関係がきちんと出来ている人であれば

許してくれます。 

だからといって、適当な仕事をしていい、ということではありませんが、

 

きちんと信頼関係があれば、自分も相手もストレスなく仕事をすることができるのです。