03_「作品をネットで公開しているのに売れません」のワケ

「作品をネットで公開しているのに売れません」のワケ

 

こんにちは!アーティスト育成コーチの江村です。

 

以前、クライアントさんからあったご相談で、

「ネット・オークションで作品を公開しているのに売れません」

というのがありました。

 

そこで、よく話を聞いてみると、販売点数は10数点であることが分かりました。

 

10数点では、はっきり言って掲載している作品点数が少なすぎなのです。

 

ネットやオークションで何かを販売するには、最低限100点の商品が必要で、そこからがスタートになります。

 

あなたが露出している作品のジャンルやテイストに統一感があり、ファンになって欲しいお客様がきちんと決まっていれば、その中の10点ほどが売れます。

 

うまくいっていなければ、100点のうち売れるのは1点というのがネットの世界の常識です。

 

ブログであれば、100記事ぐらい作成したら注目して頂けるようになります。

それは別に完成品だけを載せる必要はなく、相手に楽しんでもらえるように制作過程などを徐々にアップして行けば、すぐに100記事に到達すると思います。

 

もう一つ考えられるのは、「ホームページが分かりにくい」ということです。

いろんな作家の方のホームページを見ると、やたらデザインに凝っていて、最初の画面でどこに何の情報があるのか分かりにくいものが多いです。

 

「アーティストだから、ホームページにもこだわりたい!」という気持ちも分かりますが、あなたのホームページを初めて見た人は、そんなに熱心に見たいわけではないのです。

 

あなたというアーティストがどんな人で、どんな作品を作っているのかをパッと把握したいのです。

 

なので、やたら凝ったアニメーションとか(もちろん、それがあなたの作品の最高峰と言うなら別ですが)は出しても意味がないのです。

見る人は、情報がどこにあるか分からずにイライラしたら、すぐに立ち去ってしまいます。そして二度と戻ってくることはありません。

 

ホームページの構成は、「パッと見て分かりやすいもの」が鉄則です。