07_付き合う人は、ちゃんと選びましょう

付き合う人は、ちゃんと選びましょう

 

こんにちは!アーティスト育成コーチの江村です。

 

あなたの周りにはどんな人がいますか?

あなたがアーティストになることを本気で目指しているのにもかかわらず、あまり本気でない人や「どうせダメだ」という考えの人が近くにたくさんいるのであれば要注意です。

 

人の意志はそこまで強くないので、周囲の環境に大変左右されるからです。

 

あまり上手くいっていない友人同士で集まって、お互いの作品を褒め合ったり、上手くいっていない状況を慰め会っていてもそこから広がることはありません。

 

上手くいっていない人は、「上手くいかない行動・習慣」をしているので上手くいっていないわけです。同じような人と一緒にいると同じ行動をとってしまいがちなので、やんわりと離れましょう。

 

もちろん、友達同士そういう話をしてあなたの感情がほっとするということはありますが、そこに留まっていては変化は起きないのです。

 

「現状を維持したい」と思うのは、人間の生存本能から来るものなので中々そこから出るのは難しいのですが、願いが叶う人といのは、現状に変化を起こすためにヴィジョンを持って行動に移した人なのです。

 

2つ目に、少し先を行っている人や、上手くいっている人に会うようにするのも大事です。

 

自分よりちょっと先を行っている人であれば、大物に会うよりも頻繁に会え、自分のなりたい理想像がよりはっきりしてきます。

それにあなたの頑張っている姿が相手に刺激を与え、相乗効果で良い結果につながっていくでしょう。

 

大物と言われる人物に会うには、アポイントをとってみても良いです。

私もダメもとで連絡した結果、会って頂くことができました。

 

例えば、ジャンプのマンガ家になりたいのであれば、ジャンプマンガ家の仕事の様子が先生ごとに本となって売っていますので、そういうものを読んで真似をしてみるのも手です。

 

美術作家であれば、自分のあこがれの画家の絵をずっと見て、それを真似してみる。

いわゆる「模写」というのがありますが、それと同じように上手くいっている作家に会ってみたり、話を聞いてみたり、本を読んでみたりすることで、どうやって上手くいったのかがわかりますよね。