10_完璧を目指さないことも大事

完璧を目指さないことも大事

 

こんにちは!アーティスト育成コーチの江村です。

 

完璧を目指すと、際限がなくなっていきますよね。

 

それが原因で、クリエイティブ系の企業は残業時間が多いですよね。

 

でも、実際のところは完璧な人間なんてのはいません。

 

アートも人間が作っているものなので、「完璧になる」なんてことはありません。

 

完璧を目指すのではなく、60%でとどめておく。

 

それが大事です。

 

完璧になるまで作っていたら、いつまでたっても仕上がりませんし、むしろ余計な装飾が増えてゴテゴテしたものになることもあります。

 

もちろん、60%の駄作を作れと言っているのではありません。

 

一度煮詰まったら、60%くらいで止めておき、それをすっかり忘れた頃にもう一度見直してみると、付け加えるべき所が見えてきたり、あるいはこれで十分だということも分かります。

 

完璧を目指さず、一度すっかり忘れてしまう時間も考慮して作品作りをしていきましょう。