アーティストになるために知っておくべきこと

01_アーティストになるための基礎知識

02_どうなったらプロと言えるの?

03_「技術を上げて良い作品を作れば売れる」は幻想

04_アーティストはダメ人間でも生きていける?

05_デビューしたからといって安定した収入にはならない

06_創作活動で収入を得るためにやるべき3つのこと

07_デビューしなくても収入は得られる

08_自分の作品を世の中に知ってもらうには

09_組織から独立して生きるアーティスト

10_会社に勤めるサラリーマンではない「起業家」ってどんな人?

11_起業は怖いことなのか?

12_アート・創作で収入を得ている未来の自分をイメージ!!

13_なぜデビューを狙うと、道が遠のくのか?

14_「とりあえず東に向かったらアメリカに行ける」的な人が多い現実

15_あなたの作品が売れず、貧乏な理由

16_アート活動に起業家思考をインストールしよう

17_アーティストとして上手くいくために必要な5つの要素

18_自分の作品を広める方法は一つだけではない

19_男をATMとして見てる婚活女子と〇〇を求めるアーティストは同じ

20_あなたの作品の価値は、あなたが決めましょう

21_どれくらい作品を作るべきか

22_周りの環境があなたの道を左右する

23_ファインアートをやるのであれば、買う人の日常も知ろう

24_アーティストの使命とは?